恋活アプリにおける女性に対するウソと本当の使い分けについて

 

これも恋活アプリにだけに限った話では無く、
日常生活でもそうだし、
リアル(学校や職場)からの恋愛でもそうだと思うが、
恋活アプリにおける女性に対するウソと本当の使い分けについて
少し話をしていこうと思う。

 

ウソと本当

 

それがいいことなのか、
悪いことなのかという話は置いておいて、
私たちは日常的にウソをついている。

 

それは、
ウソをつかなければ、
つまり本音だけでは生きていくことが難しいからだ

 

当然、
恋活アプリでも、
あなたがウソをつくこともあるだろう。

 

例えば、
プロフィール作成などである。

 

その中でも、
身長であったり、
年収であったりは割とウソがつきやすい項目のように思うが、
(そもそも身長も年収も確かめようがないため。)
私個人としては、
恋活アプリのプロフィールでは絶対にウソを書くなとは言わないが、
後々矛盾が生まれたり
バレるようなウソはつくべきでは無いと思っている。

 

例えば

 

例えば身長などの話でいえば、
仮にあなたの身長が165センチだったとして、
もしプロフィールに175センチと書いてしまえば、
出会った時に明らかにバレてしまうだろうし、
そもそもウソをつくことは人間として印象があまりよくない。

 

しかし、
身長は少しでも高い方が見栄えがいいのは事実だろうし、
(特に恋活アプリのように、
プロフィールが出会うかどうかを判断する基準になる出会いでは。)
事実身長が高い男性が好きな女性が多いのも事実である。
(身長が高い男性が好きというか、
自分よりも身長が高い男性が好きというか。)

 

なので、
もしあなたが身長が165センチであれば、
170センチと書くくらいならば、
おそらくそのウソはごまかせる可能性は高くなるだろう。
(例えば出会うときにシークレットシューズを履いたり、
シークレットインソールを履いたりなど。)

 

また、
仮にあなたの身長が165センチだったとして、
170センチとウソをついていて、
そのウソが後々バレたとしても、
そこまで女性から不信感を抱かれる可能性は少ないような気がする。
(まあそれくらいのウソならいいかと、
思われるくらいのレベルのように思う。)

 

また、
年収などに関しても、
仮にあなたの年収が300万円だとすれば、
400万円や500万円とプロフィールに記載したとしても、
そのウソがバレることは少ないと思うが、
それが年収1000万円と書いてしまうと、
明らかに矛盾が生まれてしまうので、
(例えばあなたの住んでいる家や持っている持ち物や、
あなた自身の考え方などからウソがばれる可能性が高くなる。)
そのように少しのウソならバレない可能性が高いが、
大きいウソだとバレる可能性が高くなるので、
極力つくのは辞めた方がいいだろう。

 

バレるウソ

 

他にもすぐバレるウソとして、
例えばあなたの最終学歴が高校卒業なのに、
大卒と偽ってしまうなどである。

 

このようなウソはすぐばれる可能性が高く、
またバレた際には致命的なウソになってしまうため、
つかないほうがいいだろう。

 

もし、
あなたが大学を中退していたりした場合、
大卒と書いてもバレない可能性が高いが、
将来的にバレるというか、
いつか話をしなければならない可能性は高くなるので、
やはりそのようなウソはつかないほうが無難だろう。

 

他にも年齢なども、
いつかは必ずバレるウソなので、
極力ウソはつかないほうがいいだろう。

 

終わりに

 

勿論理想は、
一切ウソ偽りなく、
プロフィールなどを作成することだが、
どうしてもコンプレックスなどがあったり、
また言いたくなかったりする場合、
ある程度ウソをついたり、
書いてしまうことは仕方が無いことのように思う。

 

その場合、
明らかに将来的にバレるウソを書くのではなく、
バレにくい、
またもし将来バレたとしても致命的にならないような、
ウソを書くようにした方が、
無難であるといえるだろう。

 

また、
どうしても書きたくないという項目は、
このことも女性側にとって印象はよくは無いが、
項目を埋めずに書かないというのも、
一つの手段だろう。